×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

パンチ悪質業者にご注意パンチ
携帯キャッシングを安心してご利用いただくために

被害者事例と対策

【事例1】

Aさんは一本化希望で○○と言う業者に申し込んだところ、

業者には「今のままでは貸せない。

実績が必要」と言われ、言われるままに2件の消費者金融から新たな借入をしました。

20万円を1件ずつで、計40万円です。

手元に5万円を残し、その5万円で2ヶ月(初月1万円ずつ、翌月1万5千円ずつ)返済するように
言われ、

残りの35万円を業者に送るように言われました。

この時点でおかしいと思い、解約したいと言ったところ、

利息はかからないから安心して欲しい、と何度も言われ、

疲れていたAさんは言われるままにしました。

1ヵ月後、返済をしてから解約したいと申し出ましたが、

弁護士が動いているからそれは出来ない、とにかくあと1ヶ月返済してくれれば全額貸せるか
ら、と言われました。

そして返済日が迫った今日、Aさんは嫌な予感がしたので業者に電話をしてみたところ、

連絡がつかなくなっていました。

【解説】

業者というの「実績が必要」という言葉は

「保証金」・「信用」「枠」といった言葉が使われることもあります。

「保証金」については正規の業者でも保証会社を付ける際に必要なケースがありますが、

その際も十分注意が必要です。

Aさんの場合は他の消費者金融から新たな借入をしてお金を送るよう言われましたが、

他にも先の「保証金」や「調査代」・「信用」などといった名目でお金を振り込ませる場合もありま
す。

いずれにしても、融資の前に何らかの名目で先にお金を振り込ませるのが特徴で、

実際には融資などは行われません。

Aさんの事例では手元に残した5万円で2ヶ月返済するよう指示されましたが、

これは事件の発覚を遅らせ、その間にも他の消費者からお金を集める為です。

業者は何かしらの理由をつけて融資は先延ばしにし、

お金を集めるだけ集めたら融資など行わずに消えてしまいます。

当然、業者に送ったお金は戻ってきませんし、

Aさんの場合は新たに借入した2件の消費者金融に利息まで払わなければいけません。

もしこういった被害に遭った場合、業者と連絡のとれるうちに警察に相談する事が大切です。


業者が貸金業登録業者である場合は登録番号をメモし、

電話の録音や振込伝票など取引の証拠となるようなものを残しておくと警察に相談した際、

役に立ちます。業者と連絡がとれなくなってからでは遅いので、

少しでも不審に感じたら警察に相談するようにしましょう。


【事例2】

ある業者に審査を申し込んだ所、

「うちでは融資できませんが、提携先の業者なら融資可能ですので、そちらに申し込んで下さ
い」と言われ、

業者が指定した消費者金融に申込をし、50万円の融資を受ける事が出来ました。

しかしその後、業者から「紹介料」といった名目で10万円を要求されました。

【解説】

典型的な紹介屋の手口です。

業者が指定した消費者金融も、実際には提携先でも何でもなく、

申込者が借入出来そうな所を指定したにすぎません。

似たような事例として、「今のままでは何処からも借入できないが、

こちらで情報を書き換えて借入できるようにしておくので○○という消費者金融に申し込んでく
ださい」と言われる事もあります。

この場合も、実際には情報の書き換えなど行われておらず、

申込者がまだ借入できそうな消費者金融を指定したにすぎません。

後から「紹介料」や「手数料」といった名目で法外な料金を請求されますが、

全く払う必要ありません。



【事例3】

ある業者に申し込んだところ、

「今の借入状況では融資できない」と言われ、

さらに「お持ちのクレジットカードでこちらが指定する商品を購入し、送って下さい。

それをこちらで買い取ってお金を送りますので、

そのお金で○○さん(私が借入中の業者の名前)を完済していただければ、

こちらでも融資できます」と言われ、

私は言われるままに指定された20万円のパソコンをクレジットカードのショッピング枠で購入し、

宅配便で業者に送りました。

私の口座に業者から10万円が振り込まれていましたので、

そのお金で借入中の1社を完済し、もう一度業者に連絡しましたが、

結局融資はして貰えませんでした。

【解説】

買取屋と言われる違法業者の手口です。

買取屋の手口には様々なバリエーションがありますが、

共通しているのがクレジットカードのショッピング枠で商品を購入させ、

それを低価格で買い取るというもので、実際には融資など行いません。

また、商品を送って現金が振り込まれると言う保証もありませんが、

上の事例の場合、実際に現金が振り込まれても購入金額の50%ですし、

クレジットカードの支払いはキッチリ20万円分を利子をつけて返済していかなければならない事を考
えると大損です。

この買取屋の行為は信販会社への詐欺行為となりますが、

クレジットカードを使って購入した商品を業者に送り現金を手に入れた人間も共犯となる恐れがあ
り、

この行為は自己破産の申し立て時に免責不許可事由となる場合もあります。

とにかく、いかなる理由でも正規の業者が

「クレジットカードで商品を購入してこちらに送って下さい」などと言う事はありませんので、

そう言った業者を決して利用しないよう注意して下さい。

もし買取屋の被害に遭ってしまった場合の対処方についてですが、

まだ購入した商品を業者に送っていない場合は商品を購入先に返品し、

融資を断りましょう。

もし購入した商品を業者に送ってしまった後でしたら、すぐに弁護士に相談して下さい。


【事例4】

数日前、ある業者に申込をしたのですが、

その時は何とかお金の都合がつき、融資を断りました。

しかし、今日になってその業者から連絡があり、

延滞料と手数料を含めて5万円請求されました。

以前融資を断ったはずですが、私の口座を見てみると数日前に業者から1万円が振り
込まれていました。

【解説】

これは押し貸しという手口で、最近になって増えてきた手口です。

上の事例では以前申込をした業者でしたが、

全く知らない業者から勝手に口座に振り込まれるケースもあります。

請求される金額も出資法を無視した法外な金額ですし、支払う必要はありません。

業者から債権回収用の口座番号などを知らされたら、

業者から振り込まれた額だけを返金して後は無視しましょう。

もし脅迫的な取立てが続くようでしたら、警察に届け出てください。

こういった違法な業者を利用したことが無い人でも、

口座番号などの情報がどこで漏れているか判らないので、

具体的な予防策として、普段から自分の口座番号などの情報管理に注意を払う事が大切で
す。


【事例5】

全く利用した憶えのない業者から突然電話があり、

半ば脅迫的な返済を迫られました。

借りた記憶は無かったのですが、返済しなければ家族に危害を加えるといった内容の脅し文
句に怯み、

仕方なく指定された口座にお金を振り込みました。

その後、全く知らない業者から同じような内容の電話が毎日かかってくるようになり、

困っています。

【解説】

カラ貸しと言われる手口で当然のごとく支払う必要はありません。

電話ではなく電報で送られてくる場合もありますが、

連絡先として書かれている電話番号には決して連絡せず

、無視して下さい。

こういった業者への対処法として、相手の脅迫に怯まず、

毅然とした態度をとることが大切です。

一旦支払ってしまうと、業者側にカモと見なされて

上の事例のような事になってしまいます。

相手が諦めるまでひたすら無視しつづけ、

もし実被害が出るようでしたらすぐに警察に被害届けを出しましょう。



トップへ
戻る

















当サイトでは優良・安心・安全・信頼できる金融会社のみを推奨しております
アコム モビット ディック プロミス スタッフィ 三和ファイナンス DCキャッシュワン レイク クレディア ベティーローン クオークローン アエル GMOカード ワールド OMCカード アットローン ライブドア